読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dizzy My Diary

大阪出身都内在住。

乃木坂46三期生ライブ 5/9

 乃木坂46の三期生ライブが素晴らしかった。18時まで会社にいたため、1曲目の「三番目の風」を見逃してしまったけれども、今回のライブの素晴らしさは、中盤のカップリング曲を披露するパートにこそあった。

 ライブ序盤も楽しかったのけれど、少し物足りなさも感じたのも正直なところ。なんか、めちゃくちゃ可愛い子が歌って踊っているだけのようにも見えてしまった。もちろんそれでも素晴らしいのだけれど、アイドルの魅力ってそれだけじゃないじゃないか。

 そんな考えを吹き飛ばしてくれたのが、中盤のカップリング曲披露編。先輩メンバーが着用していた衣装に身を包み、楽曲を披露していく彼女達。編成も少人数になるので、一人一人にスポットが当たるのもいい。「偶然を言い訳にして」のイントロでは、山下美月がさんポジションをミスしていた。加入したばかりなのに既に完成されてしまったような彼女にはどこか近寄りがたさも感じるだけども、もう参りました。「他の星から」では、久保史緒里さんの手足の長さと、中村麗乃さんのキュートさと太ももにやられてしまった。でか、このライブで完全に麗乃さんのファンになってしまった。不思議系なんてキャッチコピーがつけられているけれども、超ファニー。アイドルであることを楽しんでいるように思えました。

 そして、もちろん忘れてならないのが、ピアノ+アコギ+パーカッションの編成で披露された「悲しみの忘れ方」、「何度目の青空か」、「きっかけ」という名曲メドレー。一人一人の歌声が響いいていくる。丈の長さが揃えられたスカートとユニゾンの歌声に、紛れもなく乃木坂46らしさが感じた。ライブ序盤に感じていた違和感は消えて、普通の少女がアイドル・乃木坂46に変態していく姿を見て、鳥肌すら立ちました。

 バックバンドのメンバーが掃けてると、大園桃子さんがピアノに向かう。聞こえてくるのは「君の名は希望」のイントロ。正直、かなり拙い。泣いてしまっているようで、鼻水をすする音がずっと聞こえてくる。それでも、素晴らしい演奏だったと言えるでしょうよ。そもそも、既に生田絵梨花さんがいるんだから、中途半端に上手な演奏なんていらない。ピアノの拙さをカバーするかのように力強く歌うメンバー。演奏の手が止まってしまうと、手拍子でカバーする客席。会場がまさしく一体になった時間だったとお思う。

 その後は、ただひたすら楽しいアイドルライブ。乃木坂の楽曲・衣装の素晴らしさ、そして未来を感じた一夜でした。