Dizzy My Diary

大阪出身都内在住。

Mr.Children Hall Tour 2016 虹 日本武道館公演 10/7

ミスチルの武道館ライブに行ってきました。なかなかレアなライブだったと思うので、簡単な感想を書きます。セトリのネタバレもありますので、ご注意を。

同期を一切使わずに生音だけで演奏されるととなるとストリングスの音がなくなるんですけど、ミスチルにとってのストリングスは楽曲の強弱の肝で、それが時には大げさになりながらもスタジアムやドームでは大きな説得力を持ちます。しかし、ホールツアーになると、それは不要でひとつひとつの音の重なり合わせが感じられるようになります。それは音響がいいホールツアーならではだけれでも、武道館の音響では必ずしもそこが伝わりきりませんでした。あと、観客の手拍子もほとんどの場面において邪魔でした。それでも、レア曲が多めのセトリは長年のファンにとって嬉しかったし、今のミスチルがいい方向に向かっていることが伝わるライブでした。

 

水上バス」「You make me happy」「クラスメイト」「PIANO MAN」「もっと」「通り雨」「虹の彼方へ」「僕らの音」これらの曲は、ライブで滅多に演奏されることのない曲ばかりで、それだけでも積年のファンにとっては歓喜です。生のホーンとアコーディオンが加わることによって、音が重層的になります。ただ音楽だけが伝わってくるライブはミスチルではなかなかない。普段のスタジアムやドームライブでは、派手な演出も含めて会場を一つにしていくようなパワフルなライブをするけれど、今回は一人一人に向けて演奏しているようでした。

 

「しるし」「足音~Be Strong」では、曲を盛り立てる役割を担っていたストリングスがなくなることで、楽曲のまた別の側面が見えてきました。そして「掌」「ランニングハイ」「PADDLE」「終末のコンフィデンスソング」ロックバンドとしてアイデンティティを見せてくる。また、「 東京」では、「武道館の夜にこの曲を捧げます」というMCから始めることで、このライブを特別な夜にしてしまう。本ライブのハイライトだったように思います。また、桜井さんの弾き語りによる「Over」では、一番を歌い終わった後にMCをした後に、二番を歌いだすという変な構成。人懐こいメロディーに悲しい歌詞を乗せるのをギルバート・オサリバンの「Alone Again(Naturally)」から参考にしたとのこと。そして、アンコールでは「名もなき詩」「tomorrow never knows」という王道曲も魅せる構成。

 

新曲の「おとぎ話」「こころ」「ヒカリノアトリエ」は、一聴しただけではその良さは判断しきれない感じ。どれもメロディーは柔らかくサウンドも優しいものだったんですけど、「おとぎ話」の歌詞の暗さには驚きました。

 

ともあれ、総じていいライブでした。こうやった普段とは違う編成で、異なった側面を魅せれるのがミスチルの強みだと思います。